HOME > 胸郭出口症候群

症状別解説:胸郭出口症候群

胸郭出口症候群とは首から腕へ伸びる神経、動脈、静脈が絞扼、圧迫を受けることで神経障害や血流障害が起き、頚肩腕痛を起こす症状の総称です。

絞扼や圧迫の部位によって斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群などと呼ばれます。 特に20~30代で首が長く、なで肩の女性に多く見られます。

上を向いたとき、重い物を持った時、リュックサックを背負った時、手作業をしている時などに症状が生じやすいようです。 カイロプラクティックの臨床所見では頚椎から上部胸椎での背骨のゆがみ、斜角筋や小胸筋の過緊張などがよく見られ、それらに有効な施術を行うことで改善を図ります。

また、神経症状が出ている場合は神経組織へのダメージが回復されきるまでに筋肉などの組織よりも時間がかかりやすいので中期的になりやすい傾向がありますが、カイロプラクティックでしっかりと良くなる症候群です。

① 斜角筋症候群

胸郭出口症候群のうち、首の前斜角筋と中斜角筋の間を通る腕神経叢(わんしんけいそう)や鎖骨下動脈が圧迫されて頚肩腕痛や痺れを出すものを斜角筋症候群と呼びます。30歳代の女性で腕を使う職業の方に多いようです

Morley TestやAdson Testで陽性反応を示します。上を向いたときに痛みや痺れなどの症状が誘発されやすいですが、頚椎ヘルニアや椎間板症候群でも同じく症状が誘発されるので正確な鑑別が必要となります。

カイロプラクティックでは斜角筋自体を緩める手技も行いますが、一番は斜角筋を使い過ぎてしまうような体のバランスの悪さを背骨の矯正手技によって変えていきます。いくら一時的に斜角筋だけを緩め、神経などへの圧迫を解放してもバランスが悪いままだとまた斜角筋を使い過ぎてしまい再発するためです。

神経症状が出ているときは1、2度の施術で症状が全て消失することは少ないですが、カイロプラクティックで大きな改善が見られやすいものの一つです。


②小胸筋症候群(過外転症候群)

胸郭出口症候群のうち、胸の小胸筋の下を通る神経や血管が圧迫、絞扼され頚肩腕痛や痺れを出すものを小胸筋症候群と呼びます。Wright Testで陽性反応を示します。菱形筋など肩甲骨をうまく使えない方やデスクワークの方、筋力トレーニングや力仕事で胸部はよく鍛えられているが背中はあまり鍛えないなどの方は小胸筋が緊張し過ぎてしまい発症しやすいです。

カイロプラクティックでは小胸筋自体を緩める手技も行いますが、小胸筋に頼ってしまう体のバランスの悪さを背骨の調整によって変えていきます。そうしないと一時的に神経や血管への圧迫が解放されてもまた小胸筋に頼るようになり症状が再発するためです。

また、デスクワークの方は長時間座り続けることが多いですが、30分に一度くらいは立ち上がり1~2分でも歩いたり肩を回したり背伸びなどをすると肩甲骨を使うようになるので発症しづらいでしょう。
過外転症候群とは肩関節がなにかの衝撃などで強く外転運動をし過ぎた際に小胸筋症候群と同じメカニズムで症状が出ることを指すようですが、文献によっては同じ症状として扱われているようです。

③ 肋鎖症候群

胸郭出口症候群のうち、肋骨と鎖骨の間で神経や動脈、静脈が圧迫、絞扼されて頚肩腕痛や痺れを出すものを肋鎖症候群と呼びます。Costclavicular Testで陽性反応を示します。重い物を持ったり、カバンやリュックを掛けたり背負ったりした時などに手の冷感などの循環不全、手のしびれや痛み、脱力感などの症状が誘発されます。

カイロプラクティックでは肋骨や鎖骨、それと深く関わる頚胸移行部などをアジャスト(矯正手技)して神経などの圧迫を解放していきます。

営業カレンダー:目黒の整体・カイロプラクティックならIZUMIカイロプラクティック

更新情報:目黒の整体・カイロプラクティックならIZUMIカイロプラクティック

インフォメーション:目黒の整体・カイロプラクティックならIZUMIカイロプラクティック

【住所】
〒141-0021
東京都品川区上大崎3-5-1 YKビル4F
℡ 03-5791-2829

【営業時間】
平日:10時から夜9時まで
土日祝:9時から夜7時まで
定休日:月曜日
※予約制

メディア・取材協力

2014年12月号掲載!

2014年11月号掲載!

2014年10月号掲載!

雑誌Hanakoに取材を受けました! エキテンクチコミランキング1位! 目黒駅×カイロプラクティック部門第1位 白金台駅×カイロプラクティック部門第1位 不動前駅×カイロプラクティック部門第1位 2015年1月時点