HOME > 頭痛

症状別解説:頭痛

頚性頭痛(頚椎原性頭痛)

頚椎の椎間関節と呼ばれる部分が機能的に歪むと頭部の関連痛エリアに頭痛を起こすことがあります。その場合には図のような範囲の中で鈍い痛みとして現れます。気分の悪さがあるわけでもなく肩こりが強いわけでもなく、ただ頭痛があるといった場合は頚椎のゆがみが原因かもしれません。
また、頚性頭痛を起こす頚椎の1番と2番はサブラクセーションと呼ばれる関節の悪いゆがみが非常に起きやすい箇所でもあるので、通常のサブラクセーションのサインである頭がボーっとする感覚や首の凝りも感じるかもしれません。
カイロプラクティックは椎間関節の調整(アジャスト)が非常に得意なため、一度の施術でも良くなることが多い頭痛です。

機能的なゆがみ

筋緊張性頭痛/トリガーポイント/後頭神経痛

筋緊張性頭痛

筋肉の緊張が強まりすぎることで起こる頭痛です。典型的な場合は次のような症状が起こります。

部位
頭の左右両側が痛む、全体的
性質
締め付けられる、圧迫される、重いという感覚
程度
軽度~中等度
頻度
ほぼ毎日
随伴症状
首・肩のコリ、めまい 眼精疲労
誘発因子
精神的・身体的ストレス

特定の動きによって酷くなるものではなく、吐き気を伴うことも少ない頭痛です。肩こりや体のだるさ、目の疲れを伴いやすいことも特徴です。身体的ストレスとは不良姿勢、特には猫背やうつむき姿勢などを指し、後頭部の筋肉を過剰に収縮させ続けることにより筋肉の血流が阻害され、疲労物質(乳酸)が蓄積して頭痛が起こると考えられています。精神的ストレスではその機序は明らかではないものの、ストレスやうつ状態などの精神的要因が脳内の痛みの調節機能を低下させ、頭痛を増悪すると考えられています。
関節機能の改善とともに良くなることの多い頭痛なので、2~3回の施術で頭痛の早期改善が期待できるでしょう。
ただし精神的ストレスが関係するものは噛みしめや歯ぎしりといった無意識の顎、首、肩周りの過剰な緊張を生むことが多いので、中長期的な改善傾向にあります。

トリガーポイント

トリガーポイントと呼ばれる筋肉の硬結からの関連痛としても頭痛が起こりえます。目の奥の痛みや頭頂部の痛みとして現れることもありますが、筋肉の過緊張が原因の為、筋肉の緊張が緩和されれば改善される頭痛です。上部僧帽筋や後頭部筋群、胸鎖乳突筋が頭痛を起こすものとして代表的です。
それらの筋群の過緊張は姿勢の悪さによって引き起こされるものが非常に多いため、背骨のケアにより姿勢が改善されれば、それに伴い頭痛も良くなっていきます。また、トリガーポイント治療として虚血圧迫やストレッチ、アイシング治療なども並行して行います。

後頭神経痛

後頭部から頭頂部へ伸びる大後頭神経、あるいはやや側頭部へ伸びる小後頭神経が頚部から後頭部へ伸びる際に筋肉や関節などに圧迫されて起きると言われている頭痛です。神経の通り道で圧迫されることが原因なので、上部頚椎の調整(アジャストメント)や筋肉の緊張緩和などが有効です。

後頭部筋群と関連痛エリア(黄)

大後頭神経は筋肉を貫通している

片頭痛

脳内の血管が広がることが原因で起きる頭痛です。セロトニンの働きが低下し三叉神経から痛み物質が放出され血管周囲に痛みを感じさせると言われていますが、確実な原因はまだ解明されていません。体を動かしたり、力むと悪化し、光や音に過敏になる、吐き気がする、といった状態になるため、暗所で安静にしているのが一番楽なのも特徴です。また、頭痛の予兆として、目がチカチカする(閃輝暗点)ことも多く、典型的な場合は以下のような症状が出ます。

部位
片側が多いが、両側のものもあり。後頭部が痛む人や頭全体が痛くなる場合もあり
性質
拍動性、ズキンズキンと脈打つ痛み
程度
中等度から重度で仕事や日常生活に支障をきたすことがある
頻度
発作的に月に2~3回 強い痛みが数時間から数日間続く
随伴症状
吐き気、嘔吐、光や音への過敏
誘発因子
ストレスからの解放、寝不足、寝すぎ、月経、体を動かしたり力んだりすると増悪

セロトニンの働きは慢性的なストレス状態や必須アミノ酸であるトリプトファンの不足、生活リズムの乱れなどで低下するため、それらを見直すことも片頭痛の改善につながるかもしれません。また、セロトニンは慢性的なストレス状態では過剰に働く交感神経を抑えるために放出され続けるので段々と枯渇し働きが低下していきます。

カイロプラクティックケア

背骨のゆがみが交感神経を過度に刺激することが確認されているため、慢性的な不良姿勢やストレスなどにより交感神経が働き過ぎになっている可能性は非常に高いです。カイロプラクティックでは背骨の調整手技により、交感神経への刺激を抑えることができるため、間接的にセロトニンの枯渇を予防でき片頭痛を改善させられると当院は考えております。ただし、そこには生活習慣が密接にかかわるため、施術回数としては7~8回以上の中長期的な改善が多いでしょう。また、発作時は下手な施術をすると逆に悪化しやすいので、相応な実力者に施術してもらうなどの注意が必要です。

血管の拡張と炎症が頭痛の原因

営業カレンダー:目黒の整体・カイロプラクティックならIZUMIカイロプラクティック

更新情報:目黒の整体・カイロプラクティックならIZUMIカイロプラクティック

インフォメーション:目黒の整体・カイロプラクティックならIZUMIカイロプラクティック

【住所】
〒141-0021
東京都品川区上大崎3-5-1 YKビル4F
℡ 03-5791-2829

【営業時間】
平日:10時から夜9時まで
土日祝:9時から夜7時まで
定休日:月曜日
※予約制

メディア・取材協力

2014年12月号掲載!

2014年11月号掲載!

2014年10月号掲載!

雑誌Hanakoに取材を受けました! エキテンクチコミランキング1位! 目黒駅×カイロプラクティック部門第1位 白金台駅×カイロプラクティック部門第1位 不動前駅×カイロプラクティック部門第1位 2015年1月時点